秒速5センチメートル2007年11月16日 23:35


評価:94点

原作・脚本・監督 新海 誠
作画監督 西村 貴世
出演 水橋 研二、近藤 好美、尾上 綾華、花村 怜美

<あらすじ>
桜舞い散る木の下で、アカリはタカキに言った。
「ねぇ、桜の花びらが落ちるスピードって知ってる?
秒速5センチメートルなんだって。」
東京に住む小学生のタカキとアカリ。
二人の間で抱いていた特別な想いをよそに、ただ時だけが過ぎて
いった。

山崎まさよしの「One More Time,One More Kiss」をテーマ曲にした、
3作の連続短編集。

第一話「桜花抄」
東京の中学に進んだタカキは、鹿児島に引っ越すことが決まった。
タカキにはその前にすることがあった。
それは、小学生の時に栃木へ引っ越したアカリに会いに行くことだった。
タカキとアカリの中学生の時の物語。

第二話「コスモナウト」
鹿児島の中学から高校に進んだタカキ。
カナエは、いつもどこか遠い目をしているタカキに恋をしていた。
タカキとカナエの高校生の時の物語。

第三話「秒速5センチメートル」
タカキは東京で社会人になっていた。
タカキとアカリの社会人の時の物語。

<感想>
感想はというと、とてもよかった!
なんていうか、ほろ苦で甘酸っぱい、遠い昔の記憶を掘り起こされた
感じで、こそばゆかったです。

ただ、評価が分かれる映画なんだろうなと思います。
観る人によっては、「で、何なの?」という感想を抱く恐れもあるかと。
現に一緒に観た奥さんも、薄めの反応でしたから。
恐らく、観る人それぞれの想い出に、うっかり共鳴してしまうか
どうかなのでしょう。

監督さんによると、この作品のテーマは「速度と距離」だそうです。
こう書くと算数の授業みたいですが。(笑)
そこんところは、タイトルに象徴されてますね。

第一話では、東京と栃木という中学生からしたら微妙な距離感
(大人だったら大したことないでしょうが)で、そこへなかなか
たどり着けない不安や焦りがよく表現できていたと思います。

第二話では、カナエから見たタカキでの心理的な距離感や、
タカキのアカリへの心理的・物理的な距離感を、うまく宇宙ロケットに
なぞらえていました。

そして、第三話なのですが、ちょっとあっさりしちゃってたのが
残念でした。
もう少し踏み込んでよかったんじゃないかな。
とはいえ、タイトルバック前後のシーケンスは鳥肌モノでした。
魂を揺さぶられましたよ。

個人的には、エピローグ的な位置づけで、さらに十数年後の
二人も見たかったかなと思います。

それと、全編が丹念に描き込まれた素晴らしい画だったことも
付け加えておきます。

あの時の人は、今どこでどうしてるんだろうって、ふと振り返って
しまう、そんな貴方におすすめです!

<予告編>

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gogo.asablo.jp/blog/2007/11/15/2099984/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ カノンな日々 - 2007年11月16日 23:52

このアニメーション映画、すっごく気になる作品で観たいと思っていたんだけど、単館系での公開で私がよく劇場では上映がなかったから観る機会がなかったんですよ。それが思いがけず幸運なことに近所のミニシアターでの上映が決まり、TOHO川崎でも来週から上映されることにな....

_ ダイターンクラッシュ!! - 2007年11月17日 01:12


5月27日(日) 19:00~ キネカ大森2
料金:1000円(テアトルClub-C会員料金) パンフ:600円


『秒速5センチメートル』公式サイト


アニメーション。このタイトルから、思春期から青年期までのラブストーリーを思い起こすことができるか?せつない作品だ。山崎まさよしの歌がそれに拍車をかける。3つの短編から構成だが時系列的に話は続く。男の主人公は三話とも共通。
一話、二話といい感じだったのだが、最終話は、いかがなものか。悪い言葉で表現すると、この主人公、女々しい。頭の中で「One more time, One more chance」が流れっぱなしで、止まらない。
とは言え、想いを伝えられなかったあの頃を思い出させる、ニクイ作品だ。
絵がもの凄く綺麗。(北斗の拳なんぞと大違い。あっちは、デッサンも狂っているしな。)二話の空の絵は、それを見るだけでも価値があると思うぞ。
タイトルの秒速5センチメートルというのは、劇中の説明によると桜が散って落ちてくる速度、スペースシャトル(か何か?)を輸送するトレーラーの速度、だそうだ。
ヒロインの子は、栃木の岩舟に引っ越す。何度か岩舟山らしきものが描写される。で、何で、岩舟?俺を切なくさせるなよ!!(怒)


お勧め度:☆☆☆★ 切ない度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★


監督の作品群


雲のむこう、約束の場所出版社/メーカー: ビデオメーカー発売日: 2005/02/17メディア: DVD




ほしのこえ(サービスプライス版)出版社/メーカー: ビデオメーカー発売日: 2006/11/17メディア: DVD




みんなのうた「笑顔」 DVDシングル出版社/メーカー: ビデオメーカー発売日: 2003/07/02メディア: DVD




記事の作品


秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-BOX出版社/メーカー: コミックス・ウェーブ・フィルム発売日: 2007/07/19メディア: DVD




この作品のために新たにレコーディングされた。


One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Editionアーティスト: 山崎まさよし, 山崎将義, 森俊之, 天門出版社/メーカー: ユニバーサルJ発売日: 2007/03/03メディア: CD



_ 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ - 2007年11月17日 08:31

小学校の卒業と同時に離れ離れになった遠野貴樹と篠原明里。中学生になった貴樹は、ある日、明里に会いに行きますが、その日は、大雪となり、電車は大幅に遅れ...。貴樹と明里の再会を描いた『桜花抄』。その後の貴樹を別の人物の視点から描く『コスモナウト』。そして、大人に

_ たーくん'sシネマカフェ - 2007年11月17日 09:29

最近のアニメはあなどれない!先日観た「時をかける少女」もそうですが今回の「秒速5センチメートル」もよかった監督・原作・脚本:新海誠 主題歌:山崎まさよし  声:水橋研二、近藤好美、尾上綾華、花村怜美  上映時間:63分-Story-お互いにひかれ合いながら...

_ ネタバレ映画館 - 2007年11月18日 00:07

秒速5センチメートルは時速になおすと0.18km/hだ。

_ ペパーミントの魔術師 - 2007年11月18日 02:01

まさやんの「One more time,One more chance」が 主題歌に使われたとあっては 見ないわけにはいかんでしょ~。(また不純な動機) この歌に関しては以前 映画「月とキャベツ」のレビューでも触れてますので コチラにもリンクさせときますね。 「One more time One more chancc..

_ メルブロ - 2007年11月18日 18:59

秒速5センチメートル 157本目
上映時間 1時間3分
監督 新海誠
出演(声) 水橋研二 近藤好美 尾上綾華 花村怜美
評価 8点(10点満点)
会場 シネマライズ


 最近まで全く知らなかった作品だったんですけど、結構鑑賞するのに参考にしている「超映画批評」....

_ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ - 2007年11月20日 22:33

答えは与えてくれない。でも美しい映像にあふれている。だから、涙があふれてくる。

_ YouTubeでアニメ - 2007年11月24日 00:43

_ 新!やさぐれ日記 - 2008年03月22日 09:38

■状況
テアトル宇都宮にて特別観賞価格(割引)で観賞
■動機
映像がキレイだったから
■感想
少し切なく少し懐かしく少し優しくなれる映画

■あらすじ
小学校の卒業と共に会うことがなくなった遠野貴樹と篠原明里は、お互いに特別な思いを抱えていた。日々を重ねたある日、貴樹は明里に会いに行くことを決意する。
約束の3月4日、外は雪が降り始めていた・・・
■コメント
映像美というにふさわしい世界感でした。
監督が得意としている世界系の雰囲気は影を潜める変わりに、短編3本という構成になっています。

まず、細部まで丁寧に書き込まれた背景に息をのみ、リアルにおちる桜で世界...

_ にき☆ろぐ - 2008年05月11日 14:39

新海さんの作品は「空の向こう、約束の場所」を見たことがあるのですがこの作品を一言で言うのならまさに新海誠らしい作品あいもかわらず光の演出については一級品で今回も桜の舞ちる春の日差しや雪の降る冬そして星空の綺麗なまたたきなどこだわりも感じられてひじょーに...

_ 映画、言いたい放題! - 2011年09月20日 16:05

ブログネタ:自分の芸名
参加中

芸名というか、モノを書く時のペンネームは、
冴羽木らえるにしています。
さわきらえる、と読みます。
らえる、は「生きながらえる」から。
あとは画数に合わせてます。(笑)
本名の字画があまりよくないのでそうしたのですが、
この