イヌゴエ2007年04月22日 19:43


評価:65点

監督 横井 健司
脚本 永森 裕二
出演 山本浩司、村上淳、馬渕英里何

<あらすじ>
26歳・芹澤直喜は、住宅の臭いを調べたりする「臭気判定士」。
犬並みによく利く鼻を持った直喜は、天職ともいえた。
ただし、鼻が利きすぎるために、常にマスクを着用し、食事の際には換気扇を回さなければならない始末。
何となく人と距離を置いて消極的な生活を送る彼が、父親が旅行している間、フレンチブルドッグ(名前:ペス)を預かることになった。
いつものように、直喜が換気扇を回していると、「むっちゃ、寒いわ。。」という関西弁のダミ声。
どうやら、犬の声が聞こえるようになってしまったのである。

<感想>
個人的に、動物モノ・子供モノは好きではないです。
なぜなら、必ず泣かそうとするでしょ。
そして、絶対泣かされてしまうわけ。(ToT)
この映画は、動物モノでありながら、そういった要素は一切ないです。
人と動物が、適切な距離感を保っているというか。
ペスの声は聞こえるんだけど、人間からかける声には反応しない。
ペスのマイペースなひとり言に、クスリとさせられます。
ただ、個人的には、最後まで直喜という人間を好きになれなかったんだな。
彼の周囲の人達についてもそう。
というわけで、私としてはちょっと辛めの採点。
う~ん、惜しい。。
ちなみに私は、動物番組の吹き替えよりも、ペスの「あ~、ごっつ交尾したい」って方が心に響きます。(笑)
後、ペスが子供の時の映像は殺人的にカワイイので、動物みてホンワカしたい人はおすすめだと思いますよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gogo.asablo.jp/blog/2007/04/22/1458975/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ カノンな日々 - 2007年04月22日 23:57

映画としてはB級というか、ちょっとチープな作り。それゆえに劇場公開時は観に行こうか迷って結局行かなかったんですが、イヌ好きとしては気になって気になって仕方なかった作品でした。実際、Vシネみたいな作りでDVDでも十分だと思うんですが、中身はやっぱりイヌ好きには...

_ Cinemermaid - 2007年04月23日 08:21

しゃべる犬の物語には違いないんだけど、想像してたイメージとは全く違っててビックリした(汗)
愛嬌たっぷりのフレンチブルドックが主人公とほのぼのと語り合うのかと思ってたら、なんと一方的な1人言〜
しかも関西弁のオッサン声でブツブツブツブツ・・・
この言葉が可愛いくない〜〜〜( ̄∇ ̄;)
それでも最後まできちんとまとまった物語で面白かった

_ とにかく、映画好きなもので。 - 2007年06月17日 04:25


 





 もし、犬の声が、聞こえてきたらあなたはどうしますか!?

 芹澤直喜(山本浩司)は、悪臭公害対策協会で働く青年。

 臭気判定士として、住宅の臭気指数を測ったり、地域の苦情対策が主な仕事である。

 人並み以上に鼻の効く直喜にとって天職と....

_ *モナミ* - 2008年10月04日 18:52

臭いに潔癖な臭気判定士の芹澤直喜。
町を歩く時はマスクをし、しゃべる時は臭いを嗅がないよう、
口で息をする。
あまりの神経質さに恋人も同僚も呆れ顔。

そんな直喜のところに、一匹のフレンチブルがやってくる。
犬も飼ったことない上に、部屋でラーメンを食べる臭いすら、
ダメな直喜なのに!


そんなことはお構いナシ